淡さを形に

面白い作品を面白いと言うだけのブログです.考えたことの備忘録として使うのが主 .考察っぽいことや演出とかに触れることもありますが別段その手のものを勉強しているわけではないのでかなり適当です. Twitterでは@tkihoroloのアカウントにてたまに話してたり話してなかったりします.コメント等あればTwitterにリプ投げてくれると嬉しいです.ブログのアイコンは箱ドットジェネレータ様からです.

わぁつらい

最悪なくらいTHE鬱ポエムだししばらく下書きのままにしてたんですけど,改めて読んでみたら「あぁそういえば当時こんなこと思ってたなぁ」ってのがそこそこ詳細に書かれてたしブログってそういうもんかと思ったので公開しました.だからといって読んでもしょうがないと思います.強いていうなら自分なりの鬱復帰Tipsが書かれてるくらい.投稿日は下書きを書いた日に合わせています.

以下からがほぼ下書きそのままです.


おたくは怪文書を書いてなんぼやねん.

読んで気分が悪くなったとしたらそれは読んだお前が悪い.

はじめに

すっごい端的に言うなら所謂ガチャで爆死した話.もちろん単純にそれだけだったらこんな怪文書なんて書かないんだけど,自分のメンタル的にタイミングが悪くてこれをトリガーに色々しんどくなったのでその話.ネガティブな話とは言え早々こういう気持ちにならないからせっかくだしどういう思考をしてたのか書き残してみてもいいのかなと思ったのでこの怪文書が生まれた.

若干情緒不安定気味というか健常なメンタルを保つのが苦手な人間なので,そういう時にどういうことを考えてなんとか誤魔化していたのかってのは残しておいたほうがいいかなって感じたってのもある.なんとかメンタルを保つための自分なりのTipsというか.あとは単純につらい気持ちは吐き出してなんぼってのも大きい.

なにが起きたのか

一応爆死するほどガチャを引くくらいに好きなキャラだから検索結果を綺麗に保つべく名前を明文化したくない.その名前で検索したらこの怪文書が出て来るのも最悪だしね.なので大体どういう状況かを表す画像がこれ.なんのキャラかどうかは本記事のクリティカルな要素ではないのでわかる人だけわかればいいです.

f:id:tkihorolo:20180105131008p:plain

購入できるガチャセットは9割程買ったけど結局出なかった.課金って財布にダメージがいくのもつらいけど,それによる副次効果の方がつらいよねなんて話はしたいんだけど詳しくはまた別の機会に.当ててる人が「当てられたのは運命だわ」とか「このキャラめちゃくちゃ愛してたからよかった~~」言ってるのを見るとただの確率だと理屈でわかっててもちょっと無理な気持ちになってしまうよねというアレ.普段ではそんなこと思わないけどそんな風に思ってしまうくらい精神が摩耗する.

全然関係ないけどこういう話をしたときに単純に課金額で比べようとする輩がたまに出没するけど意味がわからなさすぎる.お前のつらさの尺度とこっちの尺度は違うんだよな.

ガチャ爆死という事実だけで流石にここまでヘコむ程の人間ではない(と思っている).だけどはじめにでも書いたけどこのガチャのタイミングが個人的にまあほんとに悪かった.何が言いたいかと言うと自分のメンタルってあんまり強くなくて「あーつらいな.無理だ」ってなることがこれまでの人生で多かった.そんなこともあり自分の抱えられる許容量を越えそうになるとなんとなく脳内に警報がでて予兆がわかるというか.そしてまさにガチャ前日くらいに「あっこれはそろそろ自分のメンタルを気遣っていかないと鬱状態*1になるな」って予兆があったわけで.

こっちの鬱の原因は明確でとにかく自分がなにもしてなかったからってのが大きい.研究がつらいってのもあるけどそもそもその頃あまりモノづくりが出来てなかった(単純にしてないとも言う)のが1番の理由.

なにかモノを作ってるからこそ自分がいるって感じられるし,自分にとってのモノづくりってある種の存在証明みたいな役割を果たしているのだと思う.*2モノづくり自体は(恥ずかしながら)ここ1~2年でやっと知った行為で,それを知る前は消費行動ばかりしてると「あれ,自分ってなんで生きてるんだろう」って気持ちになることが多かったけどその1種の解答がモノづくりだった.

だからこそそれをサボってた自分は「あれ,自分ってなんで生きてるんだろう」って状態になりかけてた.しかもやるべきこともちゃんと進めてないし,趣味のこともぼんやりとやってるだけで惰性で日々を送ってる感覚というか.控えめに言って最悪な状態.つまり堕落しきってた.

じゃあなんでモノづくりを出来ない(してない)んだろうと思ったらやっぱりTwitterのやりすぎかなって結論になった.眺めてるだけで情報が入ってくるっていう受動的な態度をとるだけのTwitterってすごく楽なんだけど如何せん時間をとりすぎる.しかもその頃TLを見てると好きなキャラに対しての自分の理解も足りないことがよく感じられてちょっと悔しく思ったりもしてた.だからこそ時間という意味でも,悔しいという意味でも,出来た時間で好きなキャラについて考える記事作成だったり,やるべきこと・やりたいことを進めるべく一時的に趣味垢の削除に至った.どうせ1ヶ月以内にログインすれば復活するし,まぁ数日くらいいなくなってもなんの弊害も起きないし誰も気づかないやろって思って消した.

と,かなり気持ちがいっぱいいっぱいだった翌日に上記のガチャがぶっこまれたという話.なんとタイミングが悪い.元々いっぱいいっぱいだった自分にガチャで死ぬというのがトリガーになって今までよく感じてたコンプレックスなり弱さなりがどんどん引きずり出されて,記事タイトルどおり「わぁつらい」って状況になってる.

しかも好きなキャラのガチャがくるってことはそのキャラの新しいセリフが増える,つまり理解が深めるチャンスがくるわけなんですよね.その頃TLを見てると好きなキャラに対しての自分の理解も足りないことがよく感じられてちょっと悔しく思ったりもしてたってさっき書いたけど,この心情にガチャが引けないことがピッタリ刺さっちゃって本当にキツかった.

引いてる人は「あ!このセリフが~~~~~」なんて話してたりするけど,自分は引けてないからそれがわからないんですよね.だからこそさっき言った理解の差ってのがどんどんどんどん広がるわけでより鬱の拍車がかかってきてしんどいことしんどいこと.しまいにはTLに好きなキャラのイラストが流れても直視出来なかった.見ても素直に受け止められない.ちょっと見ても胸につっかえて「あっだめだつらい」って言いながら画面を閉じてた*3.このために趣味垢を消してたわけじゃないけど結果的に垢消しててよかったって心から感じた.原因を見るなら結局自分の理解不足から始まってるし自分のせいと言えばそうなんだけど.

そんなこともありガチャ当日はとにかく無気力だった.しんどすぎてバイト中とはいえ最初はなにも手がつかなくて虚空を見つめてたりぐったりしてた.勤務態度としては最悪なんだよな.

どう解決したのか

見出しに「解決」って書いたけどまだ引きづってるので解決はしてないです.ただずっと無気力なままだと更に鬱になるループが始まるので,そのループからどう抜けてなんとか平常時に近いテンションまで持っていったのかという話.

今までもそうしてきたけど,やっぱりしんどいことが起きたときってアウトプットが大事だなって改めて感じた.気持ちを文字にする,声に出す,このおかげで漠然と感じている「しんどい」という気持ちをなんとか紐解いて「なにがつらく感じたのか」,「なぜつらく感じたのか」,「それのどこがつらいのか」ってのが段々わかってくる.なにが起きたのかって節で自分がどうして「つらい」と感じたのかの原因については細かく書いたつもりだけど,それは「紐解く」って処理をした故に書けたことだと思う.原因がわからないと何もしようがないから,何が起因して何が起きてどういう点で自分がつらいと感じたのか,を考えることでなんとか平常時に近づける糸口に繋がる.

バイトに手がつかなかったくらい無気力だった,なんて書いたけどそこから脱出すべくやった行動が「気持ちを文字にする」って行動*4だったかなぁと.*5とにかく自分以外の人間が見ることが出来ない場所で気持ちを吐き出すことが出来る環境を用意しておくのが1番だと思ってる.例えば自分しかいないSlackのチームでもdiscordのサーバーを作るのでもいいし,誰もフォローしてない鍵垢をTwitterで作るでもいいと思う.メモ帳とかでもいいけど自分が感じたちっちゃな気持ちが書くのが難しい(どうしても文章にしたくなっちゃう)のでそういう意味でも細かに文を区切れる上記ツールがおすすめかなと.ちなみに自分はdiscordを使ってその場で感じたどんな些細な気持ちも全て文字にしてた.

これをすることで自分が何に対してつらく感じてたのかわかるし,原因が分かればそれを解決しようと作業もし始められる.このおかげでなんとか他の作業をするくらいのメンタルまでは回復出来た.回復出来た,というより何もしないともっとダメになるのが今までの経験でわかってたからどうにかして動く理由を作ったってだけだけど.

あとは声に出すってのだけどこれは連日discordで友人に「会話させてお願い....」って無理言いました.付き合ってくれた友人たちには感謝しかない.関係ない話でも単純に愚痴るでもなんでもいいのでとにかく人と話すってのも重要だというのはヒシヒシと感じました.気分変えがめちゃくちゃ簡単に出来る.なんでもいいから「話す」という行為が胸のつっかえを軽くしてくれる.

とにかく

  • 気持ちを全部文字にする
  • 人と話す

ってのが大事ということを言いたい.自分の気持ちをアウトプットしていけ.

あと私色ギフトを聴くといいです.過去もこれに助けられたことがある.やるべきことなら山ほどあって忙しくって 悩んで落ち込む暇はないはずだし今は前だけ見るよなんですよ.他の歌詞も自分がよくメンヘラる心情に合ってて聴くと抱えてた重荷が少し減ります.私色ギフトに感謝.

【楽曲試聴】私色ギフト(歌:凸レーション with 城ヶ崎美嘉) - YouTube

おわりに

とりあえず非常につらかったけど(まだつらいけど)なんとか日常生活で降ってくるタスクを処理しながら生きていくだけの活力とメンタルは確保できた.

まだ趣味垢は消してるし見る気も起きないしTLに好きなキャラが流れてもまともに受け止められないけど.それでもゆっくりでもなんとかこの辺も回復させてまた好きなキャラを愛でる生活に戻れればいいなと思う.

追記

5th振り返り上映に行きました.

ここまで書いたようなメンタルだったので5th振り返り上映とか正直素直に受け止められるか自分でもわからないし,最悪拒否反応が出るんじゃないかとビクビクしてましたが見てみたらなにも引っかからず心から「すき」とか「かわいい」とか感想が出ました.「すき」や「かわいい」を吐き出すことが出来るとこんなに楽になると思わなかったしよかった.そういう素直な感想がちゃんと出たことに自分で感動してました.好きなキャラがちゃんと好きと言えるんだよ.すごい.むしろこれを受けて治りが近くなった気さえする.すごい.

あとその後友人とアルコール入れながら話してたら事実の捉え方とかを変えるだけで気持ちも楽になることがわかった.課金は投資だ.*6 あとやっぱり人と話すのが1番早いってのが改めて実感した.ここまでこんだけ色々書いたけどよく考えるとこれって5日間の話だし.多分1人だったら2週間くらい,あるいはそれ以上かかってたかなって気はする.友人氏には感謝しかねえ.

とはいえ根幹の原因の解消,つまり「やるべきことをやって」「好きなキャラについて描写を考えて」「モノを作る」ことをしなければどうしようもないのでもちろんその辺はなんとか進める.「適切なPDCAサイクルを回せない人間がメンヘラになる」みたいなのをどっかで見たけど少なくともぼくはそのタイプなので同意しか出来ない.

とりあえずおかげさまでイラスト見ても(モノにもよるけど)変な拒否反応出づらくなったし生きるのが段々楽になってきた.疲れずに生きたい.来年の抱負はそれにします.

*1:ここで言う鬱はうつ病ほどの強さではないけど疲れちゃって無気力になっちゃう程度を指す

*2:こんなかっこいいこと言ってるけど大したモノを作れていない

*3:今これを書いてる時点でもここはまだ回復してない

*4:この記事自体もその役割の1つ

*5:これもあんまりよくないけどバイト中に30分これに時間を当ててなんとか気持ちを落ち着かせてその日の仕事をこなせるようにした

*6:シラフで聞いたら意味がわからなさすぎる